【家づくり1】住宅展示場に行ってみた

住宅展示場に行ってみた 家づくり

こんにちは!ばなな🍌です。

家づくりの最初の作業は、ハウスメーカーを決めることです。

最初から一番大変で重要な作業ですが、これが決まると、あれよあれよと家づくりが進んでいきます。

ハウスメーカーの決め方は、色々な方法があります。

以下に、ハウスメーカーを決めるための方法をまとめてみました。

それぞれにメリット・デメリットがあるので複数の方法を検討するのが良いと思います。

ちなみに僕たちは、「住宅展示場」➡「スーモカンター」で家づくりを進めました。

方法メリットデメリット
住宅展示場・注文住宅の雰囲気と完成イメージが分かる
・営業の方が説明してくれるので特長が良く分かる
・イベントやセミナーがある
・福利厚生/紹介特典が使えなくなる場合がある
・色々回ると疲れる
スーモカンター・要望から最適なハウスメーカーに絞ってくれる
・家づくりについて幅広く教えてくれる
・1社に絞るまで都度サポートしてくれる
・福利厚生/紹介特典が使えなくなる場合がある
・実際のイメージが湧きにくい
資料請求・自宅で簡単に複数のハウスメーカーの情報が分かる
・展示場にない工務店の情報が分かる
・メールや電話が大量にくる
・実際のイメージが湧きにくい
オーナー紹介・いろんな特典がある。(割引など)
・オーナーの経験談が分かる
・オーナーを見つける必要がある
・実際のイメージが湧きにくい

これらの方法で、数社(3~5くらい)に絞ってから、

各社でプランを作成して、最終的に1社に決めるという流れになると思います。

住宅展示場

住宅展示場は予約できるところが多いので、気になるハウスメーカーにはHPから予約を入れておくとスムーズに見学できます。

イベントセミナーをやっていることがあるので、HPで確認してみてください。

イベントによってはコーヒーメーカーとか高価なものがもらえることもありますよ。

僕たちは ハウジング横浜展示場 にいきました。

展示場

ハウジング横浜展示場は、ハウスメーカー33社、モデルハウス63棟で日本最大の展示場です。

全棟の説明がHPに記載されているので、気になるメーカーはチェックして見てください。

僕たちは、ミサワホーム積水ハウスを見学したので、この2社の内容を紹介します。

ミサワホーム

ミサワホームトップ
(出典:ミサワホームHP
ミサワホーム
(出典:ミサワホームHP

売上: 3,993億円(2019年3月期)

販売戸建て実績:8,819

坪単価: 約60万~75万

ミサワホームの家は、国の機関から100年住宅として認められいて、過去の大地震では全壊・半壊ゼロという耐久性の高い家であることが特徴です。

また、1階と2階の間に大きな収納を設ける「蔵のある家」としても有名です。(2枚目の写真が蔵です)

工法は木質パネル接着工法といって、木のパネルを接着剤で接合することで、木造でありながら高い耐震性・断熱性・耐火性を誇ります。

最近は「ガイネット」というシステムで、住宅の基礎部に設置した測定部で感知した地震波をもとに演算子、家の「リアルタイム震度」・「被災度」を見える化します。

積水ハウス

積水ハウス_Top
出典:積水ハウスHP
積水ハウス_FamilySuite
出典:積水ハウスHP

売上: 2兆1,593億円(2018年)

販売戸建て実績: 47,415戸

坪単価:約70~80万円

累計の建築戸数は200万戸を超えており、国内でぶっちぎりNo1の戸数実績を誇ります。 鉄骨1・2階建て、鉄骨3・4階建て、そして木造住宅も取り揃えている業界のリーディングカンパニーです。

積水ハウスは、「柱なしで、どこまでも広く Family Suite」という提案をおこなっていて、家族一緒に思い思い時間を楽しめる空間づくりを実現します。

また、独自の免振システムの「シーカス」は、揺れの衝撃を熱に変え、地震の際に生じる建物への影響を軽減することができます。

また、空気内に存在する化学物質を抑制する技術「エアキス」は、ハウス症候群のリスクを下げることができます。

住宅完成後のアフターフォローも万全で、定期点検を実施すれば、30年保証が約束されています。

注意点

展示場では注文住宅の雰囲気を肌で感じることができるのでおススメですが、営業の方と連作先を交換するとその方が担当営業になる可能性が高く、担当営業がつくと紹介割引が使えない場合があります。

僕の会社には福利厚生で割引があったのですが、条件に担当がついていないことがありました。

また、オーナーからの紹介特典を受けられない場合があります。

福利厚生などの割引があるか、オーナーからの紹介を受けるかを事前に検討しておき、利用するなら利用後に展示場に行くのがよいと思います。

また、展示場と実際に建てる家とはギャップがある(オプション多数で坪単価2倍以上)ことは意識しておく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました